沖縄!飲みにケーションLIFE

HOME

二日酔い

対策

飲酒運転

北部エリアの
おすすめ

お問い合わせ


STOP ザ 飲酒運転

私達の住むこの沖縄県は、車社会と呼ばれ、携帯電話も誰でも持つように、自動車も1人一台と言った感じです。そして居酒屋も駐車場が無いとお客さんが来ないのでは無いかというくらい、駐車場には沢山の車が止まっています。

もちろん車を置いて、タクシーで帰る人もいるでしょうし、運転代行業者を呼んで運転を代行してもらって帰る人等、車を持つ人のマナーとして当然の事をしていると思います。

しかし飲酒運転をする人がいると言うのも事実なのです。沖縄県は飲酒運転ワースト1の不名誉な称号をこれまで何度頂いている事やらです。

飲酒運転で検挙されれば、かなりの金額の罰金を支払わなくてはなりません。しかも一括です。罰金ですからローンなんて組んでくれませんよ。タダでさえ車のローンや家のローンなんかで苦しいという人もいるかと思います。そんな中で飲酒運転の罰金なんて、払いたくありません。常習的に飲酒運転をしていても、たまたま一回だけでも、同じです。罰金の額も一緒です。

何てバカらしいと思いませんか?

私は一回罰金を払う分で何回もタクシーに乗って帰ると言う考えにしています 。この考えどうでしょう?良い考えと思いませんか?

それでも飲酒検問などで飲酒運転で捕まるなら自分が、罰金を払って免許も取り消しになるので、何度も免許をとりにいけて、いくらでも罰金を払えるという人は良いのかもしれませんが、

本当に飲酒運転で怖いのは飲酒検問でも罰金でも免許の取り消しでもありません。

飲酒運転をして事故をおこしてしまった時です。

自分に罰金や免許取消のリスクがつきまとうだけならまだしも、全く関係の無い人にまで被害を与えてしまったり、時には死亡させてしまったりと言った場合には、大きな責任を取らなければなりません。一生自分のカルマとして自分にのしかかってしまう事でしょう。

ちょっとしか飲んで無いから大丈夫という考えは捨てましょう。だいたい酔っている人に「酔っている?」と聞いても「酔っていない」とか「大丈夫」と言います。この時点でもう自分がどれだけ酔っているのかの判断を誤ってしまっていますね。そんな状態で車の運転をするのです。怖いですね。

酔っていても運転出来る何て事は、凄くも格好良くもありません!ただ単に常識が無いだけです。もしお酒の場で酒を飲んで車を運転して帰るような人がいる場合には、飲酒運転になってしまいますよと行ってあげましょう。

Valuable information

2017/10/25 更新

 

Copyright (C) 沖縄飲みにケーションLIFE All Rights Reserved.